ECサイト構築サービスのメリットデメリット

ECサイトこのページではECサイトを構築するサービスの特徴について説明します。まずはフルスクラッチと呼ばれるものでシステムやソフトウェアの開発の時に元々ある仕組みやソフトウェア等を一切利用せずに0から新規でECサイトの構築をおこなう方式です。

メリットとしては色々な要望にこたえることができます。それ以外にも、自社が保有する既存のシステムと連携をすることができ、カスタマイズの幅が非常に広いのがメリットです。デメリットとしては初期費用が一千万円以上かかり、運営費用でも数十万円以上という費用がかかるので資金力や技術力がある会社が使う手法になります。

次に紹介するのはASPと呼ばれるサービスです。PC上にインストールすることなく使用できるブラウザ上で利用をすることができます。提供されたサービスを毎月の月額制でレンタルする形が多く、ネットショップに限らず給料計算システムや、販売管理システムなどの様々なシステムがウェブ上で提供されています。

ASPでオンラインショッピングサイトを運営するメリットとして手厚いサポートがあるので、手軽に始められるというメリットがあります。初期費用が0円から数十万円ということも大きなメリットといっていいでしょう。デメリットとしてはテンプレートが決まっていることや、カスタマイズの範囲が狭いことです。

ECサイトを構築するサービスは色々あるので、自社にあったものを見つけるのが重要になってきます。


関連記事

  1.  クラウド型のECサイト構築サービスの特徴
  2.  ECサイトとは
ECサイト構築サービスのメリットデメリット